皆様こんにちは(^O^)
今回のテーマは、
求人票によく書いてある「パソコン基本操作が出来る方とはどれくらいを指すのか?」についてです。
この質問は非常に多いです。
「パソコン基本操作が出来る方」
「ワード・エクセルの基本操作が出来る方」
など書かれているものが多いです。
結論から言うと、企業によって異なります。
また、仕事内容によって求められることも大きく変わってきます。
どのくらいのスキルを望まれているのかは、直接その企業にお問い合わせされるか、
面接時にお伺いするほうが良いと思います。
それよりも重要なのが、企業側が問題ないと思うパソコンスキルを身に着けておくことです。
企業側は求人によって何を求めているかというと、仕事をスムーズに行ってくれることです。パソコンというのは、多くのわけのわからないメッセージが出てきたり、思い通りの操作が出来ない事が多々出てきます。その都度、上司の方にお伺いしていると、それでは仕事になりません。パソコンの電源を入れてから、切るまで様々な事が事が起こると思いますがそれらある程度対処できるのがパソコン基本操作が出来る方だと思います。
【パソコン基本操作チェック項目】
(1)どんなパソコンでも、スムーズに電源入れる事ができ、切る事もできる
(2)キーボードを見ずに文字を打つことができる
(3)ワードで表や絵の入った文書が作れる
(4)エクセルで簡単な関数を入れることが出来、表を作成することができる
(5)作成したファイルを適切に保存できる
(6)デジカメの写真をパソコンに取り込むことができる
(7)作成したファイルを、フォルダで管理することが出来、移動などもスムーズにできる
(8)ワード、エクセル、写真などをプリントアウトできる
(9)メールの作成、送受信ができる
(10)インターネットで自分の探したい情報を検索し見つけだすことができる
○が7個以上あれば基礎が出来ていれば基礎はできているとお答えしてよいかもしれません。
しかしながら、出来たとしても、時間がかかるようだとそれは出来るとは言いにくいかもしれません。企業は実践の場です。
プライベートであれば、時間はどれだけかかっても問題ないと思います。
ですが、お仕事の場ではある程度のスピードが求められます。
遅くない程度のスピードがあるとよいかと思います(^O^)
ではそれを身に着けるためにはどうしたらよいのでしょうか。
それは、たくさんパソコンに触ることです(^O^)
どうしてもパソコンに苦手意識を持っていると、パソコンから遠ざかってしまいます。
慣れてしまえば、パソコンの基本操作なんで簡単です♪
私も今は色々と使えますが、以前は全くのド素人で触るのが大変怖かった経験があります(T_T)

それをどう克服したかというと、とにかく毎日触りました!

どんだけ忙しくても毎日触りました。
電源入れて切るだけって日もありました。
それをし続けると苦ではなくなりました。
分かれば大変楽しいものです(^O^)
面接の際に「パソコン基本操作できます!」と自信を持って言い切れるようにたくさん触ってみてください(^O^)

それでは今回はこの辺で失礼いたします

今回もお読みいただきありがとうございます(^O^)